パワーポイント無料情報館



パワーポイントの使い方
無料テンプレート
無料ビューア
小技集
その他
このサイトではパワーポイントの基礎的な使い方から、テンプレートまで様々な情報を収集・発信しています。
テンプレートは無料のものだけを集めました。
パワーポイントをこれから始める方やテンプレートを使いこなしてみようという方の為のお役立ちサイトを目指します。







パワーポイントの使い方

  ここでは、パワーポイントの使い方を基礎から学習します。
  【その1】から学習することにより、自然に基礎事項が身につきます。



【その1】スライドのデザイン

 まず、パワーポイントで資料を作成する前に、全体をどんな色合いのスライドにするかを
 決めます。自分の好きなデザインを使用することにより、取り組む意気込みも変わっていますね。

【その2】スライドのレイアウト

 パワーポイントには、スライドのレイアウトのパターンがいくつかあります。
 それを概観します。

【その3】コンテンツの作成

 いよいよ、パワーポイントの本格的な内容に入ります。
テキスト(文字情報)を入力して、タイトルページのスライドの中身を作成します。

【その4】スライドの挿入

 パワーポイントのタイトルページを作成した後、次にプレゼンの中身に関するスライドを作成します。

【その5】コンテンツの作成2

 パワーポイントでは、スライドの中身を、箇条書きで作成します。
 箇条書きにすると、発表内容が非常にわかりやすくなります。

【その6】コンテンツの作成3

 パワーポイントのスライドの中身を、文章で作成します。

【その7】絵を使う

 パワーポイントでも、クリップ・アートの絵を使うことができます。
 趣味的な場合では、表現が広がります。

【その8】図形を使う

 パワーポイントでも、オートシェイプの図形を使うことができます。
 こちらは、ビジネス用のプレゼンでも効果があります。

【その9】グラフの作成

 パワーポイントにも、ワードと同様にエクセルで作成したグラフを貼り付ける
 ことが可能ですが、パワーポイント上でもグラフは同様の操作で作成可能です。
 特にデータ量の少ないグラフは、パワーポイント上で作成した方が
 良いかもしれません。

【その10】アニメーションの設定

 パワーポイントの一番の特徴は、アニメーションといえます。
 画面で文字が、じわじわでてきたり、転がりながらでてきたり
 動画のような発表を見たことはありませんか?
 アニメーションの設定で動的なスライドショーが実現できます。


パワーポイントの使い方【リンク集】











パワーポイント無料情報館【TOP】