パワーポイント無料情報館



パワーポイントの使い方
無料テンプレート
無料ビューア
小技集
その他

このサイトではパワーポイントの基礎的な使い方から、テンプレートまで様々な情報を収集・発信しています。
テンプレートは無料のものだけを集めました。
パワーポイントをこれから始める方やテンプレートを使いこなしてみようという方の為のお役立ちサイトを目指します。




パソコンの選び方

キャッシュメモリの実際


キャッシュメモリというものが、CPUの性能を
左右し、そしてパソコン全体の性能をも左右している。
キャッシュメモリの実際の容量は、インテルのWebサイトでも、
容易に確認することが可能である。

Pentium-M
Celeron-M

上記によれば、Pentium-M の2次キャッシュは、1MB〜2MBであるのに対し、
Celeron-M のそれは、512KB〜1MBであることがわかる。
つまり、型番の対応させかたにもよるが、概ね倍半分の違いである。


このようなキャッシュの違いがある場合、
実際の使用感としては、あくまで、私の感触では、
同一サイズのメインメモリを使用していても

負荷のかかる作業をさせたときに、
キャッシュが大きいと、ゆっくりと待ってさえいれば、
そのうち、作業が終了しているのに対して
キャッシュが小さい方は、時折、パソコンが固まって
しまっているという感じである。



これに対して、Core2Duoは

Core2Duo

さらに、2次キャッシュが2MB〜4MBとなっている。


また、お気づきの方もいるかと思うが、
CPUを自由に選んで良いという状況下で
ハイスペックなパソコンにしようとした場合

クロック数を高めのCPUを選ぶのもそうなのだが、
先のリンク先の一覧のように、ある時点で
キャッシュメモリの料が、同タイプのCPUでも、
倍半分違ってしまうので気をつけなければいけない。



つまり例えば、Core2Duo の

T5500 2 MB L2 1.66 GHz から、
T5600 2 MB L2 1.83 GHz に変えるよりは、

どうせ変えるのなら

T7200 4 MB L2 2 GHz に変えないとあまり意味がないということである。


このサイトではパワーポイントの基礎的な使い方から、テンプレートまで様々な情報を収集・発信しています。
テンプレートは無料のものだけを集めました。
パワーポイントをこれから始める方やテンプレートを使いこなしてみようという方の為のお役立ちサイトを目指します。

パワーポイントの使い方
無料テンプレート
無料ビューア
小技集
その他





パワーポイント無料情報館【TOP】