パワーポイント無料情報館



パワーポイントの使い方
無料テンプレート
無料ビューア
小技集
その他

このサイトではパワーポイントの基礎的な使い方から、テンプレートまで様々な情報を収集・発信しています。
テンプレートは無料のものだけを集めました。
パワーポイントをこれから始める方やテンプレートを使いこなしてみようという方の為のお役立ちサイトを目指します。




パソコンの選び方

メモリ(その4)


やはり中級者以上には、
メモリは最初から1GB以上を
おすすめしたい。


理由は

・後から増設すると面倒だから
・機種にあったメモリの選択がわずらわしいから

であった。


この後者の、機種にあった
メモリの選定がわずらわしいというのは、
下記の対応表を見てもらえば、
ご理解いただけるのではないか?


IO-DATA:メモリ対応情報
バッファロー:メモリ対応表


上記のように、搭載可能なメモリを探すには、
パソコンの機種に関して、
通常の日常会話で飛び交うレベルの機種名では足りず、

ノート型パソコンであれば、ひっくり返して
記載されている正確な型番を確認しないとメモリを
選ぶことができないのです。


もっとも、そんな細かい型番ごとに
メモリが用意されているわけではなく、
ある程度、分類されているわけで

結果論としては、10〜20種類の型番の
パソコンで使用できるメモリのタイプが
共通の場合もあります。


しかしながら、それはあくまでも
結果論として、わかることであって
場合によっては、そのパソコンの微妙な
型番によって、使用できるメモリが
ことなる場合もあります。


ですので、やはりメモリを増設する時は、
自分のパソコンは Think Pad のR50e 1834-64Jだとか
R50e 1834-72Jだとかを調べる必要があります。


そのパソコンの型番によって、インターネットで
増設可能なメモリを注文しても良いですし

量販店にいって、パソコンの型番を示して


『この機種に対応している、512MBのメモリを
さがしているのですが』と

といえば、大概は、店員が店で持っている一覧表から探してくれます。


このサイトではパワーポイントの基礎的な使い方から、テンプレートまで様々な情報を収集・発信しています。
テンプレートは無料のものだけを集めました。
パワーポイントをこれから始める方やテンプレートを使いこなしてみようという方の為のお役立ちサイトを目指します。

パワーポイントの使い方
無料テンプレート
無料ビューア
小技集
その他





パワーポイント無料情報館【TOP】