パワーポイント無料情報館



パワーポイントの使い方
無料テンプレート
無料ビューア
小技集

このサイトはでは基礎的な使い方から、
テンプレートまで様々な情報を収集・発信しています。



【画面の表示形式の変更】

パワーポイントの画面の表示形式には、

●標準      [表示]→[標準]
●スライド一覧  [表示]→[スライド一覧]
●スライドショー [表示]→[スライドショー]
●ノート     [表示]→[ノート]

の4種類が存在します。

『標準』とは、最初に立ち上げた時の状態、つまり、画面中央に
スライドがあって、左側にその一覧が縦にならんでいる状態。

『スライド一覧』とは、画面全体にスライドの一覧が表示される
機能で、よく発表の後の質疑応答などの際に、『○枚目の
スライドの下のグラフについてなんですが』などと、聞かれた
時に、自分でも頭が真っ白になってしまいますが、この
スライドを見ると、直感的にどのことかがわかりやすく、
スライドを見つけてダブルクリックすると、そのページからの
スライドショーになります。

『スライドショー』はいわずと知れた、発表や講演の際に実際に
全画面表示でスライドを映すものです。パワーポイントの一番
メインの機能といっても過言ではないでしょう。


基本的に画面の表示形式はこの3タイプで、
画面左下の小さなアイコンが3つ並んでいるのも
左から、標準、スライド一覧、スライドショーとなっています。

最後に『ノート』ですが、これは画面左下のアイコンには
ありません。『ノート』とは画面中央下にある、「クリックして
ノートを入力」というところに、スライドの説明を書いておく
機能で、[表示]→[ノート]とすると、スライドとノートが画面を
2分するような表示となります。ここをパワーポイントの発表
原稿の代わりにしている人もいます。






パワーポイント無料情報館【TOP】